交通アクセス

リンク

お問い合わせ

プライバシーポリシー

サイトマップ

財団法人日本医療機能評価機構認定施設

 

最終更新日:平成30年10月18日

各部門のご案内

ホーム 各部門のご案内 > 薬剤科

薬剤科

薬剤科にようこそ

薬剤師 11名、薬剤助手 3名が勤務しております。(平成28年度現在)

調剤

医師から処方された処方せんに基づいて入院・外来患者さんのお薬を調剤しています。

薬用量、相互作用、配合変化等のチェックには、電子カルテやトータルオーダリングシステムを活用し、お薬の適正な使用と患者さんの安全性確保のために細心の注意をはらっています。

処方されたお薬には、薬の内容や注意等が書かれた説明書が添付されていますのでよくご覧になって下さい。

製剤

市販されていない薬品でも治療上必要な薬品は、院内製剤として病院独自の薬品を調製しています。

無菌製剤

感染等に注意が必要な製剤は、専用の無菌室にて無菌的に調製しています。

注射薬調剤

注射薬も、医師の指示に基づき患者さん個人毎に1回分ずつセットして払い出しを行っています。

払い出す前には、薬剤師が、用法や用量、薬剤の変質等についてや、患者さんの取り違えがないかをチェックする体制をとっています。

特に用法・用量や副作用に注意が必要な抗がん剤については、医師・看護師・薬剤師が何重にもチェックする体制としています。
また、外来及び入院がん化学療法に於いては、抗悪性腫瘍剤は薬剤科にて混合調製し安全性確保に努めています。

薬品管理

医薬品の院内への供給が過不足なくできるように、日々適正な購入・品質管理を行っています。

薬剤管理指導

各病棟に担当薬剤師を配置し、入院患者さんの薬歴・副作用歴などから薬剤管理指導記録を作成、病室を訪問して服薬指導を行っています。

より有効で安全な薬物治療を行うためチーム医療に取り組んでいます。

医薬品情報

医薬品に関する最新の情報を収集し、院内の医療スタッフに必要に応じて情報を提供し、薬物治療を支えています。

最新の情報を得るため情報検索にインターネットも活用しています。

日当直業務

救急センターのある当院では、薬剤師が常駐し24時間対応できる体制になっています。

学生実習受け入れ

薬剤師をめざす薬学生のためのカリキュラムを用意し、学生実習の受け入れ体制を整えています。日本医療薬学会の研修施設認定病院です。

点眼教室

毎週月曜日に、目の手術(白内障等)を受けられる方や、御希望の方を対象に「点眼教室」を開催しています。点眼薬の使用方法や注意点など、点眼薬に関することを説明しています。

1階の薬局カウンターには、お薬相談コーナーを設置しています。お薬に関することならなんでもご相談ください。

患者さんが病院では薬をもらわずに、「院外処方せん」を受け取り、保険調剤薬局にて「院外処方せん」に基づき調剤された薬を受け取る方式のことを医薬分業といいます。

当院では、厚生省の医薬分業推進の方針に基づき、外来の患者さんには院外処方せんの発行を推進しています。

病院の薬剤師は、医師の同意を得て入院患者さんへ服薬指導を行い、薬剤師としての専門性を生かすという役割が課せられています。

院外処方せんの発行率を高めることにより、薬剤師は入院患者さんへの服薬指導をはじめとする病棟業務に大きな比重を置くことができ、より良い医療の提供をすることが可能になっています。